片桐夕子/学生妻 しのび泣き
『体感☆美少女ムービー こばやしまり vol.1』

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

長沢まさみ&森迫永依/L OTTE 無料動画画像

長沢まさみ&森迫永依/L OTTE 無料動画画像
長澤 まさみ(ながさわ まさみ、本名同じ、1987年6月3日 - )は、静岡県磐田市出身の女優。

東宝芸能所属。堀越高等学校卒業。身長168.7cm。血液型はA型。愛称はまぁちゃん、まっさん。父親は元ジュビロ磐田監督の長澤和明。

長澤 まさみ経歴

* 第5回(2000年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募。35,153人の中から史上最年少の12歳でグランプリに選ばれ、芸能界入り。同年公開の『クロスファイア』でスクリーンデビュー。後年、本人は「シンデレラになったらすぐに有名女優になれるのかと思っていた」と語っている。その後ティーン雑誌『ピチレモン』の専属モデルとなる。
* 2002年にヤマザキナビスコのCMに出演。これが好評で長澤の名前をまだ知らない人向けに雑誌やテレビでは「ヤマザキナビスコのCMに出ている美少女」と表現されることがこの頃多かった。
* 2003年には『ロボコン』に出演。初主演作品でもあるこの作品は、やる気のない女子高専生が、ロボコン大会を通じて自立して行くと言う青春映画である。この作品により、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞等を受賞。本人はこの映画を通じて演技に目覚めたとの事で、今もなお最も好きな作品に挙げている。
* 同年公開のゴジラシリーズ第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』、及び翌年のシリーズ最終作『ゴジラ FINAL WARS』では、同じ第5回東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞に選ばれた大塚ちひろと小美人役で共演し話題を呼んだ。『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』のサウンドトラックCDには、大塚と2人で歌った『モスラの唄』が収録されている。

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版 |松たか子

涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版
出演:
バップ
発売日 2006-08-02




やっぱり最後 2006-10-18
最後の西田敏行さんの訴えかけが全てだとおもいます。そしてエンドロールの映像(この間のTVの再放送は映像が変わってた気が…)に続く真実。核の恐ろしさ戦争の悲惨さを改めて知りました。

戦争とは何かを考えさせられる 2006-08-02
とてもいい作品でした。

日本軍国主義とアメリカとの戦争と日本の韓国併合、困窮する国民、貧しくなる心・・・・

戦争や民族主義というもののもたらす悲劇を改めて痛感しました。

最後の場面、人が一瞬で消えてしまう、こんな悲劇を繰り返してはいけません。

果たして本当に今のアメリカやロシアや中国といった膨張する軍事大国や今の歴史に対する世論の主張するような『正しい戦争』というのが存在しえるのか、私は少なくともそんなものは無いと信じたいです。

戦争は、人が死に、苦しむだけの悲劇の連鎖しか生みません。

そして、二度と核の禍々しい炎が人々の命が焼き尽くされる事が無いよう願います。

悲劇を繰り返さないために 2006-07-31
TVで放送されたときには涙が溢れて止まりませんでした。

戦争が終わって60年が過ぎ

悲惨な記憶がこの国から消えようとしています。

そんな今だからこそ老若男女を問わず

すべての日本人に是非とも見て頂きたい。

戦争という悪夢を繰り返さないためにも、

あのような出来事がドラマではなく

実際に数多く存在したということを

我々は忘れてはならないと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

タッチ スペシャル・エディション |あだち充

タッチ スペシャル・エディションタッチ スペシャル・エディション
出演:
東宝
発売日 2006-03-24


あだち充の、あまりに有名なコミックを実写化。実際に双子で、野球経験もある斉藤兄弟が、達也と和也を、2人の幼なじみの南役を長澤まさみが演じる。明星学園の野球部は、1年生エース、和也の活躍で、地方大会を勝ち進む。しかし、あと1勝で甲子園という決勝の朝、和也は交通事故で亡くなり、彼の意志を継ごうとする達也が野球部に入部。ストーリーの基本は、原作どおりだ。
達也と和也、南の微妙な三角関係は、高校生にしては純情過ぎるキライもあるが、そのピュアさが本作の魅力でもある。俳優たちの演技も、まっすぐで好感。とくに長澤まさみは、同年代の女優のなかでは格段の演技力で、原作ファンが抱く“南”のイメージを裏切らない。何気ない表情が、じつに自然なのだ。アニメ版の有名な主題歌が「ここぞ」という場面で流れ、クライマックスで達也と和也の姿が重なる映像で感動は最高点に達するはず。犬童一心監督による映像はリリカルで、要所に突きぬけるような青い空が挿入され、とことんさわやかな仕上がりになっている。(斉藤博昭)

青春♪ 2006-11-04
漫画のタッチを期待してはダメです!!長澤まさみさんが南ちゃん役に適役しているのと、撮影風景を収録したおまけのDVDもついていて、値段もお手頃だと思います。あの名作を期待せず、タッチという一つの映画として見てください。漫画にはない心のスレ違いなどが良いです!!

やっぱり無理がある 2006-09-19
やっぱり、タッチの良さをこの時間内で表すのは不可能でしょう。

個人的には、実写化するなら、2クール以上はかけてドラマで観てみたいです。



各キャラのイメージは結構よかったと思うのですが、

難を言うなら、「南ならどんなことがあっても最初から最後まで達也を球場で見守るぞ!」と思いました。



原作を知らない方なら、それなりに楽しめると思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

タッチ スタンダード・エディション |あだち充

タッチ スタンダード・エディションタッチ スタンダード・エディション
出演:
東宝
発売日 2006-03-24


あだち充の、あまりに有名なコミックを実写化。実際に双子で、野球経験もある斉藤兄弟が、達也と和也を、2人の幼なじみの南役を長澤まさみが演じる。明星学園の野球部は、1年生エース、和也の活躍で、地方大会を勝ち進む。しかし、あと1勝で甲子園という決勝の朝、和也は交通事故で亡くなり、彼の意志を継ごうとする達也が野球部に入部。ストーリーの基本は、原作どおりだ。
達也と和也、南の微妙な三角関係は、高校生にしては純情過ぎるキライもあるが、そのピュアさが本作の魅力でもある。俳優たちの演技も、まっすぐで好感。とくに長澤まさみは、同年代の女優のなかでは格段の演技力で、原作ファンが抱く“南”のイメージを裏切らない。何気ない表情が、じつに自然なのだ。アニメ版の有名な主題歌が「ここぞ」という場面で流れ、クライマックスで達也と和也の姿が重なる映像で感動は最高点に達するはず。犬童一心監督による映像はリリカルで、要所に突きぬけるような青い空が挿入され、とことんさわやかな仕上がりになっている。(斉藤博昭)


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

ドラゴン桜 DVD-BOX |三田紀房

ドラゴン桜 DVD-BOXドラゴン桜 DVD-BOX
出演:
メディアファクトリー
発売日 2005-12-22


徹底したリアリストぶりを貫く三流弁護士から伝授された独自のテクニックによって、偏差値36の落ちこぼれ高校の生徒たちが東大合格を目指す様を描いた異色の学園ドラマ。弁護士の桜木(阿部寛)は倒産処理の任命を受けて、経営難に陥った私立龍山高等学校にやって来る。元暴走族という過去をマスコミに暴露されたために仕事が激減していた桜木は、ここで経営状態を回復させればいっそう自らの汚名返上にかなうと思いつき、創立以来一人も出ていない東大合格者を輩出することによって、学校を進学校に生まれ返らせる再建案をぶち上げる。英語教師の井野(長谷川京子)らの反発をよそに編成された特進クラスには、父親の借金のためにバイトをしている矢島勇介(山下智久)や、地味で目立たない水野直美(長澤まさみ)ら5人が集められた。ここに東大合格を目指しての勉強の日々がはじまる。
型破りながらも的を射た受験テクニック、その勉強法の数々は目から鱗の面白さ。そのいずれも受験のみならず、社会を生き抜く上での処世術としても大いに参考になるあたりが、このドラマに普遍的な興味を加味させているところである。世の中に越えられない壁はないと桜木に言い切られてしまうと、奇妙なほどに勇気が沸いてきて、何だって出来る気がしてくるから不思議だ。(麻生結一)

受験ドラマの傑作!目標設定が大切だ 2006-09-20
原作をうまくまとめてテンポのいいドラマに!秦建日子の脚本はさすがです。阿部寛の桜木先生ははまり役です。ハセキョーもいい感じ。山下、長沢など生徒の演技もいいし、手に汗握って応援してしまう。



東大受験で、何をすれば可能性が高まるか・・・最初に目標設定ありき!なのです。目標を立てなければ何も始まらない。そして、目標を立てたら、どう可能性を高めていくか。どこだったら、どうやったら、そして、言葉の持つ力。当たり前と言われてしまえば、当たり前なのだが、主人公 阿部寛の言葉には力がある。その気になっちゃうものね。人生においても同じです。



ダメダメの生徒たちが可能性を高めていくのは見ていてすがすがしい。文句なしに見ていて元気になる面白いドラマです。買って損はしませんよ。

社会人ですが、勇気づけられました! 2006-08-05
最初は他人事のように考えていたのですが、このドラマを見ているうちに、とても勉強したくなりました。というよりは、もう一度何かにチャレンジしたくなったのです。



そこで、過去に買ってまったく使っていなかった英検1級の問題集や単語集などをひっぱり出し、勉強を始めました。阿部寛さん演ずる桜木弁護士の「お前ら、自分の可能性を否定するなよ!」ということばに何度励まされたかわかりません。



以前は、「どうせ受からないだろう」という前提で努力もせずに試験を受けて落ちる、という悪循環にはまっていました。まさに、自分で限界を作っていたいい例だったと思います。



最初は「いつまで続くだろう」という半信半疑の気持ちで始めましたが、生徒役の皆さんの一生懸命な姿を見て、「自分も頑張ろう」と思うことができました。そして、幸運にも合格することができたのです!



私のように、無意識のうちに「バカハチマキ」を巻いていた(巻かれていた)人は少なくないと思います。でも、このドラマと原作は、そんな人たちに大きな希望を与えてくれました!



受験生の方だけでなく、自分の夢や希望を失いかけている大人の方にもぜひ見ていただきたいと思います。

いつも見ても何度見ても元気になること請け合いです。 2006-05-26
いつも見ても何度見ても元気になること請け合いです。

ひとつのことにがむしゃらに向って行く姿は、素晴しいです。

時につまずきながら、そんななか、目的をひとつにする仲間がいると

大きな力になります。



長澤ますみ、サエコ、長谷川京子さんたちもみんな個性があって素敵です。

一番は、やはり阿部寛さん・・・特訓の先生たちも・・・



本当に楽しめます。今、一番繰り返し見ているドラマです。



気持ちが疲れたときにぜひ見てください。



ドラゴン桜は、あなどるなかれ戦慄と衝撃の内容 2006-04-02
弁護士といえば、相続とか離婚とか訴訟とかのイメージ

がありますが、

先日NHKで、おちこぼれ弁護士が、ヤミ金融の取立に

困っている人を自己破産させる仕事の先駆けとなった

話を見ました。1案件で弁護士が手にする報酬は

微々たるものですが、多くの案件を担うことで

1000万以上の年収が得られるといいます。

自己破産申請をした人にヤクザが取立を

した場合、法律に触れることになるので、ヤクザも

弁護士は、避けて通るといいます。

元暴走族にして落ちこぼれ弁護士桜木建二(阿部寛)は、

同業者に紹介してもらった学校の破産管財人の仕事で世間

に認められる方法を思いつきます。それは、

私立龍山高等学校を、このまま破産させず、毎年100人以上

の東大合格者を出す日本一のエリート校にすると言うのです。

まず、特別進学クラスを作って東大に5人の現役合格者を

出す方針を立てます。

本をあまり読まない息子は、このドラマを通して

受験のテクニックを学んでくれればいいのだが...

ドラゴン桜のマンガには漢字に振り仮名がありません。

息子のマンガを読むスピードは、結構早く

私より早く読み終わって、続きを買ってくれと言います。

ドラゴン桜は、あなどるなかれ戦慄と衝撃の内容

です。

熱い! 2006-02-03
見たら、そのまま家を飛び出して走り出したくなるようなドラマです。スクールウォーズ以来熱いものを感じました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

セーラー服と機関銃 |長澤まさみ

セーラー服と機関銃セーラー服と機関銃
出演:
TCエンタテインメント
発売日 2007-02-14




大切に大きく育ててほしい女優さん 2006-11-24
何の媒体か忘れましたが、「今の長澤まさみを輝かせるにはこの企画しかないとドラマ化に踏み切った」と本作についてコメントされていましたが、確かに長澤さんがこの役を演じるタイミングとしては今しかないけれど、果たしてこの企画が彼女が最高に輝かせるのかな・・・と、途中、多少不安に。けれど最終話まで見て、ふだんのおっとりした高校生ぶりと、機関銃を手にしたクライマックスの激しさのギャップはなかなかのもので、大器を予感させる女優さんだなと思いました。7話に止め、組長だった2ヶ月間と放映の2ヶ月間を重ねたところも工夫だったと思います。通常のワンクールでは間延びしたでしょう。



長澤さんについて詳しくはありませんが、直感で演じる天才肌というより、じっくり役に取り組んでいい演技をするタイプのような印象を受けます。人気でひっぱりだこでしょうけれど、今回、ちょっと目の下のクマが気になりましたので、事務所のかたには、大切に大切に大きく育てていただきたいなあと思った次第です。

何で全7話なのかと思っていたが・・・ 2006-11-24
 最初に全7話と聞いたときは、「何で全7話なんだろう?7話で大丈夫かな?」と思いましたが、全然そんなことはありませんでした。前は映画だったのだから、7話位でちょうど良かったのかもしれません。それに7話くらいでちょうど良い脚本でした。もし、他のドラマと同じ3ヶ月だとあまり面白くなかったのかもしれません。

 主演の長澤まさみですが、なかなか良かったと思います。最近の若手女優でこの役をやっても長澤まさみ以上の演技ができる人は見当たらないと思います。脇を固める堤真一さんを初めとした目高組のメンバーも良かったです。特に堤真一さんはさすがの演技だったと思います。

 長澤まさみを語るときには外すことのできないドラマだと思います。DVDがでたらまた見たいです。

現場は熱い! 2006-10-27
金になるもならなんでもやる。亀田、バレー、レベルの低いヒーローズ。上の人間はそんな奴らばかりやけど…。現場はがんばってるねえ。堤真一、緒方拳、そして本田博太郎と役者も最高やし、脚本も現在にマッチして非常に良い!まあおもろい作品で買って損なし!

放送が始まったばかりなのに? 2006-10-15
販売元はマーケティングの結果で判断したのでしょうが、

チョット早すぎませんか?



せめて放送中盤以降に発表してほしかったと思います。



まず第一に前評判だけで、

薬師丸ひろ子版(ドラマとして比べるのなら原田知世版)の

ファンの期待に沿うのかそうでないのか、まだわからないと思うんです。

私も、今回の長澤まさみ版に期待はしていますが、昔は美化されるモノだし、

薬師丸ひろ子さんの魅力と長澤まさみちゃんの魅力って、

違うところにあると思うので、数字がはじき出した結果が導きだせるかどうか、

心配です。



なぜ、そんなに心配するのかと言えば、

映画公開当時、間もなくに放送してたテレビ放送されていた原田知世版は

人知れぬ作品になってしまっています。



販売側として、はやる気持ちはわかりますが、1消費者・購入者としては

首を傾げてしまいます。



でも、ちゃっかり買うんだろうなぁ〜〜。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

優しい時間 DVD-BOX |倉本聡

優しい時間 DVD-BOX優しい時間 DVD-BOX
出演:
ポニーキャニオン
発売日 2005-07-06


倉本聰が15年ぶりに連続ドラマの脚本を手がけたことで話題になった作品で、舞台は『北の国から』と同じく富良野である。美瑛の皆空窯で陶芸の修行中の拓郎(二宮和也)は、富良野のスーパーで皿を割ってしまった梓(長澤まさみ)と知り合う。程なくして、梓が拓郎の父である勇吉(寺尾聰)がオーナーを務める喫茶店「森の時計」の従業員であることを知る拓郎。3年前に拓郎が起こした自動車事故で母・めぐみ(大竹しのぶ)が亡くなって以来、勇吉と拓郎は絶縁状態にあった。
父と息子の確執から絆の再生という流れが第1話から最終話までの通奏低音を成しているが、各話ごとに織り込まれたサブストーリーに登場する豪華ゲストたちにも注目したい。勇吉に対して時には包み込むような優しさで、時には鋭く叱咤するする存在として登場するめぐみの幻がドラマの隠し味になっている。もっとも見ごたえがある回は第5話だが、脚本は富良野塾出身の吉田紀子が担当。(麻生結一)

それほどいいのかわからない 2006-08-10
ゆっくり流れる時間にはそれに適したドラマがあると思うけど、これはそんな時間に関係なく忙しいばかりの都会の物語と同様である。



倉本聡は特典ディスクで太陽の光に愕然としたことを言っていたけど、それを受け止めることが出来た倉本聡自身の気持ちは、このドラマには反映されていない。







優しい時間をもう一度 2005-08-27
 『北の国から』で知られる倉本聰さんの話題の新作ドラマです。正直、最近のドラマの下世話な風潮にはやきもきしていて、このドラマには久々の完成度の高さを期待していたのですが、期待を裏切らない物語に感謝するばかりです。現代的な要素を無視せずに、それでもこれだけ純粋で素敵な物語を描いてしまう倉本聰さんの力に感服です。
 舞台は北海道、とある喫茶店のマスターとその息子の物語。過去の事故による確執から親子の縁を断った二人の歪で頼りない優しさが、痛いくらい観るものに伝わります。その二人をつなぐ様々な人々の人間模様と、少しずつ浮かび上がる過去。物語の展開は物凄くゆっくりとしたものですが、飽きさせるどころかその時間の流れに心地良さすら感じさせます。北海道の時間の流れを、見事にドラマの展開に反映させつつ、そこに人間臭い優しさを描き出したこの作品は後年にも心に残る名作に違いありません。
 キャストも大物ぞろいですが、若いキャストも役を見事にこなしてくれていて、ドラマの完成度を高めています。少々癖のあるキャラクターも、抵抗無く溶け込んでくれています。一度TVで見ている方も、これを機会にもう一度ゆっくりと時間を掛けて本作を見直してみるのもお勧めです。全編見るのは時間こそ掛かりますが、そこに費やした時間は、きっと掛け替えのないものになるはずです。

これを見れば富良野に絶対いきたくなる! 2005-07-08
 富良野を舞台に、見ている自分まで優しい気持ちになってしまうこのドラマ。キャスト陣も豪華であるが、やはり富良野というロケーションがこのドラマの最大の魅力である。

本当のドラマ! 2005-07-08
"売れている役者を揃えて安易な惚れた腫れたやったやらない"或いは"刺激的な素材を扇情的に心を傷つける""バラエティ紛いの下らないおふざけ"etc...
今、ドラマと言えるものはそんなものばかり、「ドラマは死んだ」と言われて久しい。
かつて「ドラマ」が"生きて"いた頃の、そんなドラマを今一度見たいならこの作品だ。
タイトルからは、ほんわかした癒し系のイメージを感じられるかもしれない。が、このドラマの"優しい"は"厳しい"とセットである。だからこそ"優しい"と言えるのだ。
それは人間関係の描写もそうだし、ドラマを見て「富良野の地」に憧れる視聴者にも凄まじい吹雪の描写となって突きつけられる。それでも尚、そこを越えてこその人と人の繋がりなのかもしれず美しい自然なのかもしれない。
「北の国から」を御覧になっていた方なら周知だろうが、実際に広大な北の大地の空間で、本当の雪が降る中でのドラマが醸し出す"生"な感覚は、他のドラマでは得難い物だ。
作者、倉本聰は言う。「ドラマは東京にしかないのか?」「知識と知恵とどちらが大事か?」
エピソードの幾つかは実際に倉本氏が富良野で体験した出来事が反映されている。そこには「都会では決して体験できない」「知恵に裏打ちされた」ドラマがある。
脚本以外にも、倉本の脚本の"行間"を実に上手く汲んだ演出、それを美しく語る渡辺俊幸の音楽の絶品さ。
賞を総なめにするレギュラー陣の演技の確かさももちろんだが、麿赤児、國村準、余貴美子、山谷初男といった渋みのある脇役陣、確かな存在感と個性を放つ富良野塾OB達、時任三郎、北島三郎、佐々木すみ江、徳重聡等のゲストといった演技陣も得難い味を出している。
観終わった後、心地良さと共に色々と考えされられる物がある作品です。
心を震わせてくれる、そんな作品です。

近年出色のTVドラマ。何度も見たいと思わされます。 2005-04-19
地上波のTVドラマに興味を失って随分になる。若い人気タレントを出るだけのおよそリアリティのない物語が目立つ。そんななかで、楽しみに見ていたのはNHKの金曜時代劇(近年では「蝉しぐれ」「慶次郎縁側日記」)と民放ではこの「優しい時間」だった。共通するのは本がいいことだろう。映画もTVドラマもいい本が絶対条件。去年亡くなった名匠ロバート・ワイズ監督が映画づくりで大切なのは、「人を感動させる思想的なテーマ」と語っていたが、いい本のドラマが本当に少ない。日本を代表する脚本家・倉本聡の久々の連続ドラマ「優しい時間」は期待した。そして、期待にたがわず近年出色の作品になっている。人と人とがわかりあうのがとても難しい時代、そんな時代を母の死をめぐる父子の確執、心に傷のある繊細な若い女の子を中心に紡がれるドラマには確実に今の「日本」が投影されていた。人生は厳しい、生きていくことにはいろんな困難がある。それが自然に、リアリティある物語になっていた。若い俳優を含めキャスティングも素晴らしい。寺尾聡、大竹しのぶがうまいのは当然だが、息子を演じた二宮和也、そのガールフレンドを演じた長澤まさみ、さらには脇を固めた俳優も素晴らしい。台詞も無駄な説明がなく、自然で心に沁みる。生きていくうえで、愛する人、信じられる人がいない人生は悲しい人生とつくづく思う。人を信じるのが難しい時代、とても勇気付けられ、感動したドラマだった。毎回、最後に流れるテーマソングも素晴らしい。何回も見たいと思わされるドラマだと思う。年に数本でもいいからこういうTVドラマが見たい。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

GODZILLA FINAL BOX |手塚昌明

GODZILLA FINAL BOXGODZILLA FINAL BOX
出演:
東宝
発売日 2005-04-22




買って損はなかったけど… 2006-06-30
 みなさんゴジラヘッドについて語られている方が多いので、ここではあえて自分的にこれはやめて欲しかったという部分を書きます。

 それはずばり、デジパックです。確かに30枚もあるBOX、紙製のデジパックでコンパクトに収納する方が場所も取らない、コストもかからないの一石二鳥、三鳥だとは思うのですが、どうも気に入りません。なぜなら、2〜3回出し入れしただけですぐに傷だらけになってしまうからです。自分でもびっくりしました。大切に扱っていたはずなのに…!っていう感じです。

 まぁゴジラ全作がそろうので、買って損が無いでしょうが、このデジパックとやら、これだけが気に入りません。

映画館では平成ゴジラだけを見ていました。 2006-04-04
このBOXを買って初めて昭和ゴジラを見ました。

しかし、はっきりいって駄作ばかりです。絵の使いまわしは当たり前だし何のテーマかわからない作品が多いです。

そのかわり、一番最初の「ゴジラ」は良く出来ています(50年前に作ったものとは思えません)。

そして、この特典のゴジラヘッドはでかすぎたのでソフビ人形にして欲しかったです。

ただし、DVDの映像は綺麗なので◎です。

BOXに弱いのよね〜 2005-07-26
ついついBOXなので手を出してしまった(^_^;)
実際に映画館で「ゴジラ」を観たことが数えるくらいしかなく、ここ10年くらいの作品より、昔の作品に興味があったので思い切って購入しました。
1984年までは次々に観賞したが、それ以降になるとだんだんと冷めてきてしまった。
2000年以降は駄作としか思えない作品ばかり…こじつけた同じパターンで敵を出現させて、当時そこそこ売れてたどうでもいいタレントを起用して…さらに脚本自体に疑問を感じた。
…とは言え、今までに知らなかったことが多く楽しく観賞できたので「良」としようかな。
あとは、やはり「ゴジラヘッド等」の付属品は要りませんので、その辺の「セット販売」も考えてもらいたかったです
私のようにファンではないが、ゴジラに興味がある方、前編だけでも買って見る価値はありますよ(^^)v
では…

これはいいものだ 2005-05-06
ついに届きましたよゴジラ♪
まず箱がびっくり。80cmはあるよなあれは。
何故こんなでかいんだといえばもちろんゴジラヘッド。
結構「いらない」とか聞いていたので考えもしたけど
一目でそんな迷いは飛んでいきました(笑
いやぁ「これはいいものだ」よ♪
絶対手放したくないですね。(しっかり手入れもしなくちゃ)
「GODZILLA FINNAL WARS」がホントに最後のゴジラでいて欲しいですね。

これはいいものだ 2005-05-06
ついに届きましたよゴジラ♪
まず箱がびっくり。80cmはあるよなあれは。
何故こんなでかいんだといえばもちろんゴジラヘッド。
結構「いらない」とか聞いていたので考えもしたけど
一目でそんな迷いは飛んでいきました(笑
いやぁ「これはいいものだ」よ♪
絶対手放したくないですね。(しっかり手入れもしなくちゃ)
「GODZILLA FINNAL WARS」がホントに最後のゴジラでいて欲しいですね。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

深呼吸の必要 |長谷川康夫

深呼吸の必要深呼吸の必要
出演:MY LITTLE LOVER
バンダイビジュアル
発売日 2005-01-28


篠原哲雄監督による、爽やかな青春映画の傑作。沖縄のさとうきびを収穫するアルバイトに応募したメンバーは過去さまざまなジレンマや傷を負っていたが、広大なさとうきび畑で働くうちに大切なものを掴んで行く。
どちらかと言えば地味。さとうきびをひたすら刈る男女の汗まみれの姿が延々と続く、そんな作品だ。それでもこの映画が爽快な後味を残すのは、登場人物ひとりひとりのエピソードが丁寧に描かれており、観客の感情に訴えかける力を持っているからだ。7人の若手俳優たちはみな役柄同様、一生懸命な姿が好印象。実際に沖縄で合宿をしながら、きびを刈るシーンはシナリオの順番通りに撮影したという、その手法が彼らの表情、仕草、そしてお互いの関係性の変化にリアリティを与えている。寡黙な少女に扮する長澤まさみは、この後『世界の中心で、愛をさけぶ』で大ブレイクした。(斉藤守彦)

秋田!? 2006-02-16
内容は、都会の喧騒に疲れた人々が、沖縄の田舎のトウキビ畑に行って、沖縄の自然に触れながら、日当もらってトウキビの収穫をするっていうお話です。



やってる事は、うちの学校でやってる「秋田」と一緒ですね。

(秋田って、、、通じる人少ないわな。。。)

昼は農作業、夜はミーティング。目標共有ミーティング。

そんなやり取りの中で、自分を見つめなおすって感じです。

青春系観光呼び込み系ですね。



キャッチコピーは「私で、いいんだ」



うーん、田舎回帰したい人はみてもいいかもです。

割と単調なので、気持ちが攻撃的な時にみても、持て余しそうです。



見所は、、、キャッチボールですかね。

あれで、全てが顕れたって感じです。

カラダでふれあいたい。 2006-01-04
沖縄の空の下、広大なサトウキビ畑が舞台。それぞれ人生にどこか負い目を感じている7人の男女が、キビ刈りのバイトに参加。ひたすらキビを刈っているシーンの印象が強いのですがそれが心地よかったりします。全体を通して役者さんの台詞は少めですが、あ〜わかるな〜としみじみ感じる言葉がけっこうあったりします。心も大切かもしれないけれど、身体を使ったふれあいにこそ、人って親しみがもてるんだよなと思ったり。オジーとオバーの温かさにふれるだけでも、日常の疲れや不安がちょっと軽くなります。最近、力が湧いてこない。そんな人にオススメしたい、行動を起こしたくなるカンフル剤のような映画ですよ。

美しく温かい日本の端っこの時間 2005-11-10
 もの凄く緩やかな時間の流れの所々で、少しずつ癒えて行く現代社会の疲れのようなものがありました。ドラマではなく、映画だからこそ許される叙事的な映画の切れ端の中に詰込まれた、温かさが好きです。舞台は沖縄、サトウキビ畑で35日間の雇われの身として、見ず知らずの者達が集まって少しずつ繋がっていくとても綺麗な物語です。様々な過去を背負った青年達が、黙々と仕事に打ち込む中で結ばれる調和。淡々とサトウキビを刈って行く若者達の絵、時にはもう一歩踏み込んでほしい箇所もあったかも知れませんが、それはこの物語の穏やかさの中での自然な含みだと思っています。
 今の人達が忘れがちな、緩やかなときの流れの中で、忙しさも感じつつ、深い深い休息の時間が得られます。深呼吸の必要、とはそういう事でしょう。尤も、この「深呼吸の必要」という下手な日本語訳のようなタイトルは少々いただけないものがありましたが、それでも、タイトルにこの物語の全てが凝縮されている事は確かです。最後に、MY LITTLE LOVERの主題歌がこの物語の温かさを後押ししてくれて素敵でした。

サトウキビ刈りのシーンは鹿児島だ 2005-10-08
サトウキビ刈りのシーンは沖縄ではなく,沖縄本島の二つ北の島,鹿児島県の沖永良部島で撮影されたものです。沖永良部は鹿児島県であっても沖縄文化圏に属する島で,いい島です。離島のサトウキビ畑の風景,青い海,素朴な島人(しまんちゅ)を見るだけでも心和ませる映画だと思います。スローライフが注目される今,皆さん心和ませてください。出演者やストーリーがどうのこうのうじゃなく,純粋にピュアな心で。島はいいですよ。島では機械刈りが多くなりましたが,今でも人の手でサトウキビを刈っています。 

刈り取る音を聴きながら 2005-09-11
沖縄が舞台なので、景色が美しいのは言うまでもなく(映画館で見ればよかった!)、セリフが多すぎないのも、気に入りました。
いちばん耳に残るのは、みんながひたすらキビを刈り続ける、ざくっ、ざくっという音。群像ものにしては、かなり言葉が控えめな感じです。そのぶん、よく選ばれたセリフが多く、心に残ります。
かわりに動作や表情が、それぞれの気持ちをよく伝えます。おばあが加奈子の髪をふいてやる場面。食事の場面。さとうきび畑でのキャッチボール。そしてもちろん、タイトルにある「深呼吸」も。
各人の過去が、もっと語られるのかと思っていましたが、わからない部分はそのまま、見る者の想像に任されるのも、いいかもしれません。「言いたくない事は、言わなくてもいい」のが、平良家でのルールでもありますし。
よくある話・・・といえば、それまでかもしれません。でも、こんなふうに見たあと、気分を良くしてくれる作品が、私は大好きです。
メイキングは主役(香里奈)のインタビュー中心で、他のキャストのコメントは、ひとことずつです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

深呼吸の必要 (初回限定版) |長谷川康夫

深呼吸の必要 (初回限定版)深呼吸の必要 (初回限定版)
出演:MY LITTLE LOVER
バンダイビジュアル
発売日 2005-01-28


篠原哲雄監督による、爽やかな青春映画の傑作。沖縄のさとうきびを収穫するアルバイトに応募したメンバーは過去さまざまなジレンマや傷を負っていたが、広大なさとうきび畑で働くうちに大切なものを掴んで行く。
どちらかと言えば地味。さとうきびをひたすら刈る男女の汗まみれの姿が延々と続く、そんな作品だ。それでもこの映画が爽快な後味を残すのは、登場人物ひとりひとりのエピソードが丁寧に描かれており、観客の感情に訴えかける力を持っているからだ。7人の若手俳優たちはみな役柄同様、一生懸命な姿が好印象。実際に沖縄で合宿をしながら、きびを刈るシーンはシナリオの順番通りに撮影したという、その手法が彼らの表情、仕草、そしてお互いの関係性の変化にリアリティを与えている。寡黙な少女に扮する長澤まさみは、この後『世界の中心で、愛をさけぶ』で大ブレイクした。(斉藤守彦)

沖縄だいすきッ★ 2006-09-19
見ず知らずの人達と1ヵ月の共同生活。それぞれいろんな想いを抱えてやってきたけど、きび刈り隊はそんな簡単じゃなかった。辛い仕事に暑さも加わって毎日半端なく疲れる!!不満もありつつ、それでも1ヵ月のきび刈り隊を終えたときにみんなが得たものは……。すごく好きです。深呼吸したら楽しくなるよってゅったヒトコトがとても印象に残ってます

タイトルに惹かれて☆ 2006-08-30
挫折を経験した私は、このタイトルに惹かれた。

レンタルビデオ屋さんに行っても、何度もレンタル中に出くわして、世の中にこのタイトルに惹かれる人の多さを実感した。「深呼吸、したいよね…^^」



沖縄ののどかな時間の流れの中で、おじぃとおばぁの温かい存在に癒され、最後には、いつのまにか、自分もあの『きび刈り隊』の一員になったような錯覚を覚えつつ、一緒に笑い、微笑んだ。本当は書きたいことがたくさんある。でもネタがバレてしまうので、書くのを我慢(笑)



深呼吸の美しさも感じた☆夏休みのラジオ体操を適当にやってすごした私には、あの美しい深呼吸はできない(笑)。

「ダメになったら、またはじめからやりなおせばいい」☆おじぃ、この言葉をありがとう☆

それでもスローライフに憧れます!! 2006-08-19
初対面に戸惑いながらも、温かい家・キビ刈りを通じて徐々にほころびがとれてゆく。覇気を取り戻し、そして支え合い目標に立ち向かう。



出演者の9人(もちろんおじぃ、おばぁもです)が生き生きしていてとても眩しく感じられました。



呼吸の荒い人たちに、一瞬でも気持ちを緩めてくれる、心洗われるリアリティを持った映像です!というか私の場合観終わった後、癒されたというか逆に興奮してしまいました(自分にない環境にはやはり憧れるものです)。エモーショナルな映画だと思います。





もう少し詳しく・・ 2005-07-07
沖縄の風がゆっくり流れる中で
35日間という限られた中で知らない同士が少しずつ打ち解けて
目標を達成していく物語です。
それぞれの過去を背負った男女が集まるのはよいのですが・・
過去のシーンが断片的でも映像でほしかった様に思います。
監督は沖縄のゆったりした空間を淡々と映像にして忙しい現代人に
もう少し人生息抜きした方が自然で生き生きしますよ!と言っている気がしました。
自然と終わる撮り方なのでその後・・みんなは、どういう生き方をしていったのか?知りたいです。
パート2を製作してまた沖縄に集合してくれないかなぁ〜。
おじいとおばあの”失敗したらまた1からすればいい”という言葉が
励みになりました。この映画見て・・なんでこの頃・・心のゆとりないんだろうとふと感じました。

そうだ,深呼吸しよう 2005-04-01
語り過ぎずに,少しの台詞と,笑顔を取り戻す姿で,
癒されてゆく彼らを,静かに感じさせてくれる演出が好き。
空,海,風,時間,人情が,あたたくて爽やかで気持ちがよくて,
観終わって心がすーっと健康になるような映画でした。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション |片山恭一

世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション
出演:
東宝
発売日 2004-12-23


ある日、朔太郎(大沢たかお)の婚約者・律子が突然書置きを残して失踪した。彼女の行き先が四国である事を知った朔太郎は、後を追いかける。四国は朔太郎の故郷でもあり、高校時代の初恋の思い出が眠る場所でもあった…。
片山恭一の大ベストセラー純愛小説を『GO』の行定勲監督のメガホンで映画化し大ヒットを記録した作品。ドラマの中心となるのは、高校2年の朔太郎(森山未来)と同級生アキ(長澤まさみ)との初々しくも哀しい初恋の顛末だが、映画化に際しては、さらに現代の設定をオリジナルで盛り込むことで、過去を乗り越えて未来を歩もうとする男女の姿をも感動的に捉えることに成功している。故・篠田昇の秀逸なキャメラ・ワーク、めいなCo.の繊細な音楽など、スタッフの力量も特筆事項。(的田也寸志)

素晴らしいです* 2006-06-05
この映画に対して、本当に色々な意見があると思いますが、私は素直に感動しました。良い作品だなと思います。

具体的にどこで感動した、というのではなく、この作品の雰囲気から伝わってくるものがありました。

本当に真っ直ぐな作品です。

是非おすすめしたいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

世界の中心で、愛をさけぶ 完全予約限定生産DVD-BOX |片山恭一

世界の中心で、愛をさけぶ 完全予約限定生産DVD-BOX世界の中心で、愛をさけぶ 完全予約限定生産DVD-BOX
出演:
東宝
発売日 2004-12-23


ある日、朔太郎(大沢たかお)の婚約者・律子が突然書置きを残して失踪した。彼女の行き先が四国である事を知った朔太郎は、後を追いかける。四国は朔太郎の故郷でもあり、高校時代の初恋の思い出が眠る場所でもあった…。
片山恭一の大ベストセラー純愛小説を『GO』の行定勲監督のメガホンで映画化し大ヒットを記録した作品。ドラマの中心となるのは、高校2年の朔太郎(森山未来)と同級生アキ(長澤まさみ)との初々しくも哀しい初恋の顛末だが、映画化に際しては、さらに現代の設定をオリジナルで盛り込むことで、過去を乗り越えて未来を歩もうとする男女の姿をも感動的に捉えることに成功している。故・篠田昇の秀逸なキャメラ・ワーク、めいなCo.の繊細な音楽など、スタッフの力量も特筆事項。(的田也寸志)

スタンダードにしとけば良かった・・・ 2006-09-23
 何かと特典がすきだから購入しました。

でも別に特に感じることもなく・・。たま

に半額で売ってるのでその時に買ったので

損した気にはなりませんでしたが、決して

定価で買うものではなかった気がします。

個人的な内容の感想としては、ストーリー

として大きく二つに分けられんだけど、前

半部分が好きだった。(長澤まさみさんが

入院するまで)

劇場で観た時にはちょっと感動しましたが… 2006-09-19
私にとって、映画版は原作よりも感動的でした。

森山さんが演じていた朔は原作のような理屈っぽい朔ではなく、より普通っぽい感じで、素直に物語に入り込めたからです。



ただ、ドラマと比較すると非常に物足りないですね。

やはり、まだ学生である2人が、家族やたくさんのクラスメートに囲まれていないというのはどうしても不自然ですから。



でも、主題歌は最高でした。

永遠のテーマ 2006-02-14
人を愛することから得るエネルギーや至上の喜び、その反面にある不安、喪失感、悲哀そして最悪の事態。平井堅のテーマソングとオーバーラップする愛する人と二度と会えなくても、強く生きていかなければならない人間の義務感と限りない悲しみに耐える力。これを見たすべての人の心に問いかける永遠のテーマがこの作品の支柱である。重い作品だと思うけど、人を真剣に愛するのなら、けっして避けてはいけない至高の名作である。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション |片山恭一

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション
出演:
東宝
発売日 2004-12-23


ある日、朔太郎(大沢たかお)の婚約者・律子が突然書置きを残して失踪した。彼女の行き先が四国である事を知った朔太郎は、後を追いかける。四国は朔太郎の故郷でもあり、高校時代の初恋の思い出が眠る場所でもあった…。
片山恭一の大ベストセラー純愛小説を『GO』の行定勲監督のメガホンで映画化し大ヒットを記録した作品。ドラマの中心となるのは、高校2年の朔太郎(森山未来)と同級生アキ(長澤まさみ)との初々しくも哀しい初恋の顛末だが、映画化に際しては、さらに現代の設定をオリジナルで盛り込むことで、過去を乗り越えて未来を歩もうとする男女の姿をも感動的に捉えることに成功している。故・篠田昇の秀逸なキャメラ・ワーク、めいなCo.の繊細な音楽など、スタッフの力量も特筆事項。(的田也寸志)

あの頃はねぇ 2006-11-05
なんだか結構酷評されていますが、僕は良かったと思います。前評判や原作の評判が良すぎて、期待しすぎてってのはあるかもしれないですね。

高校生ならではの単純で浅はかな恋愛をうまく表現しています。単純で浅はかな恋愛をした、過去の自分。それを大人になり見つめ直す自分。誰しも一度は朔太郎と同じように「あの頃の想い」に浸ったことはあるんじゃないだろうか。テープという媒体がなくても。それに物語として、少々キツめの味付けをしたのがこの映画です。なので言い方はとても良くないですが、(個人的に)男性が観たほうが感情移入しやすいと思います。男性は恋愛になると女々しいですから。(あくまでも個人的に)



高校生の恋愛ってこうだよなぁ的なおもしろさが心地よいです。これは森山未来、長澤まさみの好演ありきですが。特に長澤まさみはナレーション、演技ともレベルの高さはハンパじゃないですね。大沢たかおも安定した演技で心配はいらないです。問題は柴咲コウ。演技もそうだけど、中途半端に存在感がありすぎて何かしらストーリーに絡んでくるな感がありすぎです。もっとサラッとした「演技の出来る役者」にするべきだったなぁ。



小難しく考えずに、甘酸っぱい恋愛映画として観た方がいいです。「生死」というテーマも重要ですが、サクとアキの初々しい恋を自分のあの頃とオーバーラップさせてみる。すると、ラストまでストレスなく鑑賞できますよ。それで泣けるとか泣けないとかは問題じゃないですね。泣けるから良い映画なわけじゃないですから。

長澤まさみが魅力的 2006-11-01
難病、初恋、夏の思い出とくれば何をかいわんやでありますが、私は素直に泣けました。しかも号泣。

長澤まさみの優等生でありながらちょいワルなところや、かすれていく声にすっかり魅せられました。つるつる頭で、「こんなんなっちゃった」と言い、「でも大丈夫、心配しないで」って続けるところも。心配しないわけにはいかねえだろー!って心で泣けました。



世代によって受け止め方が違うかもしれませんね。亜紀と朔太郎のしぐさや振る舞いは、今の17歳にはあまりにも違和感があるのかもしれません。

今でも引っ掛かる映画 2006-10-25
この映画は上映から2年経った今でも心に引っ掛かっている。もちろん良い意味で…劇中の1986年が本当にあった事みたいに思える。あれは間違いなく35o映像のタマモノでありましょう。テレビ版の彼女もかわいらしかったがそれは好みが分かれるところか?しかし評価を低いと述べられてる人がワザワザ書き込みする事がよっぽど不可解でせいぜいヒネリ倒したつまらない映画を楽しんでほしいと思いますね(笑)感動は当たり前に薄れてゆくものですがせめてそれぞれ頭の中にたとえワンシーンでも残るならその映画は良い映画でしょうね。ぼくはストーリーの閉塞感と前向きになれないせつなさと美しい映像が忘れられませんのです

おすすめの映画です 2006-10-22
長澤さんと森山さんの熱演が印象的に残ります。恋愛イコール肉体関係に直結する恋愛映画が多い中、高校生らしい純粋な恋愛感情を感じることができました。決して2枚目とはいえない朔太郎(森山さん)と美少女の亜紀(長澤さん)のミスマッチが魅力的。自分の好きな女性を見つめる男性の視点を純粋に描いていると思います。。見どころは死ぬ数日前に亜紀と朔太郎が結婚写真を撮影するところ。人の死とは何か、愛するとは何かを問いかけています。現実的ではない点もありますが、私はむしろ現実社会にとらわれない感情を表現していると思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS スペシャル・エディション |横谷昌宏

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS スペシャル・エディションゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS スペシャル・エディション
出演:
東宝
発売日 2004-07-30


前作『ゴジラ×メカゴジラ』の直接的続編。ゴジラ襲撃から1年後の東京で、再び機龍「メカゴジラ」とゴジラが対決。さらにインファント島の守護神モスラが飛来し、地球の未来を賭けた壮絶なバトルが展開される。
91分という上映時間のせいか、ドラマ部分の描き込みが不足しており、人間関係の描写に深みがなく、表面的なやりとりだけに終始しているのはこの監督の特徴だが、今回は浅田英一率いる特撮班が素晴らしい仕事を見せた。大きな羽を羽ばたかせて飛翔するモスラの、そのリアルな生物感。デジタル技術とアナログ特撮を巧みに使い分け、冒頭のモスラと戦闘機の遭遇に代表される迫力あるシークエンスを実現してみせ、ドラマ部分を補った。特撮シーンが映画全体をリードして行く構成こそ怪獣映画の王道という見方をすれば、これぞトラディショナルな怪獣映画!と言えるだろう。(斉藤守彦)

小美人、ジャイアントロボ・・・ 2006-10-31
 前作の設定を引き継ぎ、完結編のような展開になっていますが・・・前作ほどの感動はありませんでした。理由は大きく分けて2つあります。



1 モスラが出るときのお約束なのだろうが、小美人が出てきた時点で急にファンタジー色が強くなり、現実離れしすぎてストーリー展開に強い違和感が生じた。前作の硬派っぽいイメージが台無し。



2 メカゴジラが制御不能になって、まるで自分の意思であるかのように行動してしまうところは、(ちょっと古いが)ジャイアントロボの頃から使い回されたシナリオで、新鮮味もオリジナリティーもない。



 前作の出来が素晴らしかっただけに、本当に前作と同じ監督の作品なんだろうかと思ってしまうほどがっかりでした。

ドリルは男のロマン 2006-10-26
前作は個人的にはイマイチだったが今作はいい感じ。モスラが非常にしっくり来る役回りでなっとく!人間ドラマもいい感じ。子供向け映画としては文句なし。ラストはアツいぜ!ただ子供じゃなくなった人はどうだろう…。大きなゴジラファンの人にはちょっとゴジラが弱いように感じませんか?戦闘シーンもあらかさまに下手な相撲になっちゃってるとこあるし…特撮の質はゴジラとしてはいい方だと思うが…役回りも脇役チックだし…悪役なら悪役でもっともっとトコトン暴れて欲しいところ。それに立ち向かうモスラや機竜もよりひき立つしね。気になったのはそこぐらい。

ゴジラでファンタジー 2006-10-08
正直言うと昔から小美人の存在が気になっていた。モスラは良いが何だよ小美人って!?今回の長澤まさみは確かに良いけどさぁ…だったらモスラが人類の敵になっちゃう方が面白かったんじゃないかな(理由は小美人が教えてくれるし)? 機龍のメッセージは初代ゴジラと人間が心通わせたファンタジーな瞬間って事かな?


さらに詳しい情報はコチラ≫



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。