片桐夕子/学生妻 しのび泣き
『体感☆美少女ムービー こばやしまり vol.1』

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版 |松たか子

涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版
出演:
バップ
発売日 2006-08-02




やっぱり最後 2006-10-18
最後の西田敏行さんの訴えかけが全てだとおもいます。そしてエンドロールの映像(この間のTVの再放送は映像が変わってた気が…)に続く真実。核の恐ろしさ戦争の悲惨さを改めて知りました。

戦争とは何かを考えさせられる 2006-08-02
とてもいい作品でした。

日本軍国主義とアメリカとの戦争と日本の韓国併合、困窮する国民、貧しくなる心・・・・

戦争や民族主義というもののもたらす悲劇を改めて痛感しました。

最後の場面、人が一瞬で消えてしまう、こんな悲劇を繰り返してはいけません。

果たして本当に今のアメリカやロシアや中国といった膨張する軍事大国や今の歴史に対する世論の主張するような『正しい戦争』というのが存在しえるのか、私は少なくともそんなものは無いと信じたいです。

戦争は、人が死に、苦しむだけの悲劇の連鎖しか生みません。

そして、二度と核の禍々しい炎が人々の命が焼き尽くされる事が無いよう願います。

悲劇を繰り返さないために 2006-07-31
TVで放送されたときには涙が溢れて止まりませんでした。

戦争が終わって60年が過ぎ

悲惨な記憶がこの国から消えようとしています。

そんな今だからこそ老若男女を問わず

すべての日本人に是非とも見て頂きたい。

戦争という悪夢を繰り返さないためにも、

あのような出来事がドラマではなく

実際に数多く存在したということを

我々は忘れてはならないと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30583330
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。