片桐夕子/学生妻 しのび泣き
『体感☆美少女ムービー こばやしまり vol.1』

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

タッチ スペシャル・エディション |あだち充

タッチ スペシャル・エディションタッチ スペシャル・エディション
出演:
東宝
発売日 2006-03-24


あだち充の、あまりに有名なコミックを実写化。実際に双子で、野球経験もある斉藤兄弟が、達也と和也を、2人の幼なじみの南役を長澤まさみが演じる。明星学園の野球部は、1年生エース、和也の活躍で、地方大会を勝ち進む。しかし、あと1勝で甲子園という決勝の朝、和也は交通事故で亡くなり、彼の意志を継ごうとする達也が野球部に入部。ストーリーの基本は、原作どおりだ。
達也と和也、南の微妙な三角関係は、高校生にしては純情過ぎるキライもあるが、そのピュアさが本作の魅力でもある。俳優たちの演技も、まっすぐで好感。とくに長澤まさみは、同年代の女優のなかでは格段の演技力で、原作ファンが抱く“南”のイメージを裏切らない。何気ない表情が、じつに自然なのだ。アニメ版の有名な主題歌が「ここぞ」という場面で流れ、クライマックスで達也と和也の姿が重なる映像で感動は最高点に達するはず。犬童一心監督による映像はリリカルで、要所に突きぬけるような青い空が挿入され、とことんさわやかな仕上がりになっている。(斉藤博昭)

青春♪ 2006-11-04
漫画のタッチを期待してはダメです!!長澤まさみさんが南ちゃん役に適役しているのと、撮影風景を収録したおまけのDVDもついていて、値段もお手頃だと思います。あの名作を期待せず、タッチという一つの映画として見てください。漫画にはない心のスレ違いなどが良いです!!

やっぱり無理がある 2006-09-19
やっぱり、タッチの良さをこの時間内で表すのは不可能でしょう。

個人的には、実写化するなら、2クール以上はかけてドラマで観てみたいです。



各キャラのイメージは結構よかったと思うのですが、

難を言うなら、「南ならどんなことがあっても最初から最後まで達也を球場で見守るぞ!」と思いました。



原作を知らない方なら、それなりに楽しめると思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30583329
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。