片桐夕子/学生妻 しのび泣き
『体感☆美少女ムービー こばやしまり vol.1』

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

セーラー服と機関銃 |長澤まさみ

セーラー服と機関銃セーラー服と機関銃
出演:
TCエンタテインメント
発売日 2007-02-14




大切に大きく育ててほしい女優さん 2006-11-24
何の媒体か忘れましたが、「今の長澤まさみを輝かせるにはこの企画しかないとドラマ化に踏み切った」と本作についてコメントされていましたが、確かに長澤さんがこの役を演じるタイミングとしては今しかないけれど、果たしてこの企画が彼女が最高に輝かせるのかな・・・と、途中、多少不安に。けれど最終話まで見て、ふだんのおっとりした高校生ぶりと、機関銃を手にしたクライマックスの激しさのギャップはなかなかのもので、大器を予感させる女優さんだなと思いました。7話に止め、組長だった2ヶ月間と放映の2ヶ月間を重ねたところも工夫だったと思います。通常のワンクールでは間延びしたでしょう。



長澤さんについて詳しくはありませんが、直感で演じる天才肌というより、じっくり役に取り組んでいい演技をするタイプのような印象を受けます。人気でひっぱりだこでしょうけれど、今回、ちょっと目の下のクマが気になりましたので、事務所のかたには、大切に大切に大きく育てていただきたいなあと思った次第です。

何で全7話なのかと思っていたが・・・ 2006-11-24
 最初に全7話と聞いたときは、「何で全7話なんだろう?7話で大丈夫かな?」と思いましたが、全然そんなことはありませんでした。前は映画だったのだから、7話位でちょうど良かったのかもしれません。それに7話くらいでちょうど良い脚本でした。もし、他のドラマと同じ3ヶ月だとあまり面白くなかったのかもしれません。

 主演の長澤まさみですが、なかなか良かったと思います。最近の若手女優でこの役をやっても長澤まさみ以上の演技ができる人は見当たらないと思います。脇を固める堤真一さんを初めとした目高組のメンバーも良かったです。特に堤真一さんはさすがの演技だったと思います。

 長澤まさみを語るときには外すことのできないドラマだと思います。DVDがでたらまた見たいです。

現場は熱い! 2006-10-27
金になるもならなんでもやる。亀田、バレー、レベルの低いヒーローズ。上の人間はそんな奴らばかりやけど…。現場はがんばってるねえ。堤真一、緒方拳、そして本田博太郎と役者も最高やし、脚本も現在にマッチして非常に良い!まあおもろい作品で買って損なし!

放送が始まったばかりなのに? 2006-10-15
販売元はマーケティングの結果で判断したのでしょうが、

チョット早すぎませんか?



せめて放送中盤以降に発表してほしかったと思います。



まず第一に前評判だけで、

薬師丸ひろ子版(ドラマとして比べるのなら原田知世版)の

ファンの期待に沿うのかそうでないのか、まだわからないと思うんです。

私も、今回の長澤まさみ版に期待はしていますが、昔は美化されるモノだし、

薬師丸ひろ子さんの魅力と長澤まさみちゃんの魅力って、

違うところにあると思うので、数字がはじき出した結果が導きだせるかどうか、

心配です。



なぜ、そんなに心配するのかと言えば、

映画公開当時、間もなくに放送してたテレビ放送されていた原田知世版は

人知れぬ作品になってしまっています。



販売側として、はやる気持ちはわかりますが、1消費者・購入者としては

首を傾げてしまいます。



でも、ちゃっかり買うんだろうなぁ〜〜。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30583320
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。