片桐夕子/学生妻 しのび泣き
『体感☆美少女ムービー こばやしまり vol.1』

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

深呼吸の必要 (初回限定版) |長谷川康夫

深呼吸の必要 (初回限定版)深呼吸の必要 (初回限定版)
出演:MY LITTLE LOVER
バンダイビジュアル
発売日 2005-01-28


篠原哲雄監督による、爽やかな青春映画の傑作。沖縄のさとうきびを収穫するアルバイトに応募したメンバーは過去さまざまなジレンマや傷を負っていたが、広大なさとうきび畑で働くうちに大切なものを掴んで行く。
どちらかと言えば地味。さとうきびをひたすら刈る男女の汗まみれの姿が延々と続く、そんな作品だ。それでもこの映画が爽快な後味を残すのは、登場人物ひとりひとりのエピソードが丁寧に描かれており、観客の感情に訴えかける力を持っているからだ。7人の若手俳優たちはみな役柄同様、一生懸命な姿が好印象。実際に沖縄で合宿をしながら、きびを刈るシーンはシナリオの順番通りに撮影したという、その手法が彼らの表情、仕草、そしてお互いの関係性の変化にリアリティを与えている。寡黙な少女に扮する長澤まさみは、この後『世界の中心で、愛をさけぶ』で大ブレイクした。(斉藤守彦)

沖縄だいすきッ★ 2006-09-19
見ず知らずの人達と1ヵ月の共同生活。それぞれいろんな想いを抱えてやってきたけど、きび刈り隊はそんな簡単じゃなかった。辛い仕事に暑さも加わって毎日半端なく疲れる!!不満もありつつ、それでも1ヵ月のきび刈り隊を終えたときにみんなが得たものは……。すごく好きです。深呼吸したら楽しくなるよってゅったヒトコトがとても印象に残ってます

タイトルに惹かれて☆ 2006-08-30
挫折を経験した私は、このタイトルに惹かれた。

レンタルビデオ屋さんに行っても、何度もレンタル中に出くわして、世の中にこのタイトルに惹かれる人の多さを実感した。「深呼吸、したいよね…^^」



沖縄ののどかな時間の流れの中で、おじぃとおばぁの温かい存在に癒され、最後には、いつのまにか、自分もあの『きび刈り隊』の一員になったような錯覚を覚えつつ、一緒に笑い、微笑んだ。本当は書きたいことがたくさんある。でもネタがバレてしまうので、書くのを我慢(笑)



深呼吸の美しさも感じた☆夏休みのラジオ体操を適当にやってすごした私には、あの美しい深呼吸はできない(笑)。

「ダメになったら、またはじめからやりなおせばいい」☆おじぃ、この言葉をありがとう☆

それでもスローライフに憧れます!! 2006-08-19
初対面に戸惑いながらも、温かい家・キビ刈りを通じて徐々にほころびがとれてゆく。覇気を取り戻し、そして支え合い目標に立ち向かう。



出演者の9人(もちろんおじぃ、おばぁもです)が生き生きしていてとても眩しく感じられました。



呼吸の荒い人たちに、一瞬でも気持ちを緩めてくれる、心洗われるリアリティを持った映像です!というか私の場合観終わった後、癒されたというか逆に興奮してしまいました(自分にない環境にはやはり憧れるものです)。エモーショナルな映画だと思います。





もう少し詳しく・・ 2005-07-07
沖縄の風がゆっくり流れる中で
35日間という限られた中で知らない同士が少しずつ打ち解けて
目標を達成していく物語です。
それぞれの過去を背負った男女が集まるのはよいのですが・・
過去のシーンが断片的でも映像でほしかった様に思います。
監督は沖縄のゆったりした空間を淡々と映像にして忙しい現代人に
もう少し人生息抜きした方が自然で生き生きしますよ!と言っている気がしました。
自然と終わる撮り方なのでその後・・みんなは、どういう生き方をしていったのか?知りたいです。
パート2を製作してまた沖縄に集合してくれないかなぁ〜。
おじいとおばあの”失敗したらまた1からすればいい”という言葉が
励みになりました。この映画見て・・なんでこの頃・・心のゆとりないんだろうとふと感じました。

そうだ,深呼吸しよう 2005-04-01
語り過ぎずに,少しの台詞と,笑顔を取り戻す姿で,
癒されてゆく彼らを,静かに感じさせてくれる演出が好き。
空,海,風,時間,人情が,あたたくて爽やかで気持ちがよくて,
観終わって心がすーっと健康になるような映画でした。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30583312
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。