片桐夕子/学生妻 しのび泣き
『体感☆美少女ムービー こばやしまり vol.1』

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

世界の中心で、愛をさけぶ 完全予約限定生産DVD-BOX |片山恭一

世界の中心で、愛をさけぶ 完全予約限定生産DVD-BOX世界の中心で、愛をさけぶ 完全予約限定生産DVD-BOX
出演:
東宝
発売日 2004-12-23


ある日、朔太郎(大沢たかお)の婚約者・律子が突然書置きを残して失踪した。彼女の行き先が四国である事を知った朔太郎は、後を追いかける。四国は朔太郎の故郷でもあり、高校時代の初恋の思い出が眠る場所でもあった…。
片山恭一の大ベストセラー純愛小説を『GO』の行定勲監督のメガホンで映画化し大ヒットを記録した作品。ドラマの中心となるのは、高校2年の朔太郎(森山未来)と同級生アキ(長澤まさみ)との初々しくも哀しい初恋の顛末だが、映画化に際しては、さらに現代の設定をオリジナルで盛り込むことで、過去を乗り越えて未来を歩もうとする男女の姿をも感動的に捉えることに成功している。故・篠田昇の秀逸なキャメラ・ワーク、めいなCo.の繊細な音楽など、スタッフの力量も特筆事項。(的田也寸志)

スタンダードにしとけば良かった・・・ 2006-09-23
 何かと特典がすきだから購入しました。

でも別に特に感じることもなく・・。たま

に半額で売ってるのでその時に買ったので

損した気にはなりませんでしたが、決して

定価で買うものではなかった気がします。

個人的な内容の感想としては、ストーリー

として大きく二つに分けられんだけど、前

半部分が好きだった。(長澤まさみさんが

入院するまで)

劇場で観た時にはちょっと感動しましたが… 2006-09-19
私にとって、映画版は原作よりも感動的でした。

森山さんが演じていた朔は原作のような理屈っぽい朔ではなく、より普通っぽい感じで、素直に物語に入り込めたからです。



ただ、ドラマと比較すると非常に物足りないですね。

やはり、まだ学生である2人が、家族やたくさんのクラスメートに囲まれていないというのはどうしても不自然ですから。



でも、主題歌は最高でした。

永遠のテーマ 2006-02-14
人を愛することから得るエネルギーや至上の喜び、その反面にある不安、喪失感、悲哀そして最悪の事態。平井堅のテーマソングとオーバーラップする愛する人と二度と会えなくても、強く生きていかなければならない人間の義務感と限りない悲しみに耐える力。これを見たすべての人の心に問いかける永遠のテーマがこの作品の支柱である。重い作品だと思うけど、人を真剣に愛するのなら、けっして避けてはいけない至高の名作である。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30583310
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。