片桐夕子/学生妻 しのび泣き
『体感☆美少女ムービー こばやしまり vol.1』

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション |片山恭一

世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション
出演:
東宝
発売日 2004-12-23


ある日、朔太郎(大沢たかお)の婚約者・律子が突然書置きを残して失踪した。彼女の行き先が四国である事を知った朔太郎は、後を追いかける。四国は朔太郎の故郷でもあり、高校時代の初恋の思い出が眠る場所でもあった…。
片山恭一の大ベストセラー純愛小説を『GO』の行定勲監督のメガホンで映画化し大ヒットを記録した作品。ドラマの中心となるのは、高校2年の朔太郎(森山未来)と同級生アキ(長澤まさみ)との初々しくも哀しい初恋の顛末だが、映画化に際しては、さらに現代の設定をオリジナルで盛り込むことで、過去を乗り越えて未来を歩もうとする男女の姿をも感動的に捉えることに成功している。故・篠田昇の秀逸なキャメラ・ワーク、めいなCo.の繊細な音楽など、スタッフの力量も特筆事項。(的田也寸志)

素晴らしいです* 2006-06-05
この映画に対して、本当に色々な意見があると思いますが、私は素直に感動しました。良い作品だなと思います。

具体的にどこで感動した、というのではなく、この作品の雰囲気から伝わってくるものがありました。

本当に真っ直ぐな作品です。

是非おすすめしたいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

世界の中心で、愛をさけぶ 完全予約限定生産DVD-BOX |片山恭一

世界の中心で、愛をさけぶ 完全予約限定生産DVD-BOX世界の中心で、愛をさけぶ 完全予約限定生産DVD-BOX
出演:
東宝
発売日 2004-12-23


ある日、朔太郎(大沢たかお)の婚約者・律子が突然書置きを残して失踪した。彼女の行き先が四国である事を知った朔太郎は、後を追いかける。四国は朔太郎の故郷でもあり、高校時代の初恋の思い出が眠る場所でもあった…。
片山恭一の大ベストセラー純愛小説を『GO』の行定勲監督のメガホンで映画化し大ヒットを記録した作品。ドラマの中心となるのは、高校2年の朔太郎(森山未来)と同級生アキ(長澤まさみ)との初々しくも哀しい初恋の顛末だが、映画化に際しては、さらに現代の設定をオリジナルで盛り込むことで、過去を乗り越えて未来を歩もうとする男女の姿をも感動的に捉えることに成功している。故・篠田昇の秀逸なキャメラ・ワーク、めいなCo.の繊細な音楽など、スタッフの力量も特筆事項。(的田也寸志)

スタンダードにしとけば良かった・・・ 2006-09-23
 何かと特典がすきだから購入しました。

でも別に特に感じることもなく・・。たま

に半額で売ってるのでその時に買ったので

損した気にはなりませんでしたが、決して

定価で買うものではなかった気がします。

個人的な内容の感想としては、ストーリー

として大きく二つに分けられんだけど、前

半部分が好きだった。(長澤まさみさんが

入院するまで)

劇場で観た時にはちょっと感動しましたが… 2006-09-19
私にとって、映画版は原作よりも感動的でした。

森山さんが演じていた朔は原作のような理屈っぽい朔ではなく、より普通っぽい感じで、素直に物語に入り込めたからです。



ただ、ドラマと比較すると非常に物足りないですね。

やはり、まだ学生である2人が、家族やたくさんのクラスメートに囲まれていないというのはどうしても不自然ですから。



でも、主題歌は最高でした。

永遠のテーマ 2006-02-14
人を愛することから得るエネルギーや至上の喜び、その反面にある不安、喪失感、悲哀そして最悪の事態。平井堅のテーマソングとオーバーラップする愛する人と二度と会えなくても、強く生きていかなければならない人間の義務感と限りない悲しみに耐える力。これを見たすべての人の心に問いかける永遠のテーマがこの作品の支柱である。重い作品だと思うけど、人を真剣に愛するのなら、けっして避けてはいけない至高の名作である。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション |片山恭一

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション
出演:
東宝
発売日 2004-12-23


ある日、朔太郎(大沢たかお)の婚約者・律子が突然書置きを残して失踪した。彼女の行き先が四国である事を知った朔太郎は、後を追いかける。四国は朔太郎の故郷でもあり、高校時代の初恋の思い出が眠る場所でもあった…。
片山恭一の大ベストセラー純愛小説を『GO』の行定勲監督のメガホンで映画化し大ヒットを記録した作品。ドラマの中心となるのは、高校2年の朔太郎(森山未来)と同級生アキ(長澤まさみ)との初々しくも哀しい初恋の顛末だが、映画化に際しては、さらに現代の設定をオリジナルで盛り込むことで、過去を乗り越えて未来を歩もうとする男女の姿をも感動的に捉えることに成功している。故・篠田昇の秀逸なキャメラ・ワーク、めいなCo.の繊細な音楽など、スタッフの力量も特筆事項。(的田也寸志)

あの頃はねぇ 2006-11-05
なんだか結構酷評されていますが、僕は良かったと思います。前評判や原作の評判が良すぎて、期待しすぎてってのはあるかもしれないですね。

高校生ならではの単純で浅はかな恋愛をうまく表現しています。単純で浅はかな恋愛をした、過去の自分。それを大人になり見つめ直す自分。誰しも一度は朔太郎と同じように「あの頃の想い」に浸ったことはあるんじゃないだろうか。テープという媒体がなくても。それに物語として、少々キツめの味付けをしたのがこの映画です。なので言い方はとても良くないですが、(個人的に)男性が観たほうが感情移入しやすいと思います。男性は恋愛になると女々しいですから。(あくまでも個人的に)



高校生の恋愛ってこうだよなぁ的なおもしろさが心地よいです。これは森山未来、長澤まさみの好演ありきですが。特に長澤まさみはナレーション、演技ともレベルの高さはハンパじゃないですね。大沢たかおも安定した演技で心配はいらないです。問題は柴咲コウ。演技もそうだけど、中途半端に存在感がありすぎて何かしらストーリーに絡んでくるな感がありすぎです。もっとサラッとした「演技の出来る役者」にするべきだったなぁ。



小難しく考えずに、甘酸っぱい恋愛映画として観た方がいいです。「生死」というテーマも重要ですが、サクとアキの初々しい恋を自分のあの頃とオーバーラップさせてみる。すると、ラストまでストレスなく鑑賞できますよ。それで泣けるとか泣けないとかは問題じゃないですね。泣けるから良い映画なわけじゃないですから。

長澤まさみが魅力的 2006-11-01
難病、初恋、夏の思い出とくれば何をかいわんやでありますが、私は素直に泣けました。しかも号泣。

長澤まさみの優等生でありながらちょいワルなところや、かすれていく声にすっかり魅せられました。つるつる頭で、「こんなんなっちゃった」と言い、「でも大丈夫、心配しないで」って続けるところも。心配しないわけにはいかねえだろー!って心で泣けました。



世代によって受け止め方が違うかもしれませんね。亜紀と朔太郎のしぐさや振る舞いは、今の17歳にはあまりにも違和感があるのかもしれません。

今でも引っ掛かる映画 2006-10-25
この映画は上映から2年経った今でも心に引っ掛かっている。もちろん良い意味で…劇中の1986年が本当にあった事みたいに思える。あれは間違いなく35o映像のタマモノでありましょう。テレビ版の彼女もかわいらしかったがそれは好みが分かれるところか?しかし評価を低いと述べられてる人がワザワザ書き込みする事がよっぽど不可解でせいぜいヒネリ倒したつまらない映画を楽しんでほしいと思いますね(笑)感動は当たり前に薄れてゆくものですがせめてそれぞれ頭の中にたとえワンシーンでも残るならその映画は良い映画でしょうね。ぼくはストーリーの閉塞感と前向きになれないせつなさと美しい映像が忘れられませんのです

おすすめの映画です 2006-10-22
長澤さんと森山さんの熱演が印象的に残ります。恋愛イコール肉体関係に直結する恋愛映画が多い中、高校生らしい純粋な恋愛感情を感じることができました。決して2枚目とはいえない朔太郎(森山さん)と美少女の亜紀(長澤さん)のミスマッチが魅力的。自分の好きな女性を見つめる男性の視点を純粋に描いていると思います。。見どころは死ぬ数日前に亜紀と朔太郎が結婚写真を撮影するところ。人の死とは何か、愛するとは何かを問いかけています。現実的ではない点もありますが、私はむしろ現実社会にとらわれない感情を表現していると思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS スペシャル・エディション |横谷昌宏

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS スペシャル・エディションゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS スペシャル・エディション
出演:
東宝
発売日 2004-07-30


前作『ゴジラ×メカゴジラ』の直接的続編。ゴジラ襲撃から1年後の東京で、再び機龍「メカゴジラ」とゴジラが対決。さらにインファント島の守護神モスラが飛来し、地球の未来を賭けた壮絶なバトルが展開される。
91分という上映時間のせいか、ドラマ部分の描き込みが不足しており、人間関係の描写に深みがなく、表面的なやりとりだけに終始しているのはこの監督の特徴だが、今回は浅田英一率いる特撮班が素晴らしい仕事を見せた。大きな羽を羽ばたかせて飛翔するモスラの、そのリアルな生物感。デジタル技術とアナログ特撮を巧みに使い分け、冒頭のモスラと戦闘機の遭遇に代表される迫力あるシークエンスを実現してみせ、ドラマ部分を補った。特撮シーンが映画全体をリードして行く構成こそ怪獣映画の王道という見方をすれば、これぞトラディショナルな怪獣映画!と言えるだろう。(斉藤守彦)

小美人、ジャイアントロボ・・・ 2006-10-31
 前作の設定を引き継ぎ、完結編のような展開になっていますが・・・前作ほどの感動はありませんでした。理由は大きく分けて2つあります。



1 モスラが出るときのお約束なのだろうが、小美人が出てきた時点で急にファンタジー色が強くなり、現実離れしすぎてストーリー展開に強い違和感が生じた。前作の硬派っぽいイメージが台無し。



2 メカゴジラが制御不能になって、まるで自分の意思であるかのように行動してしまうところは、(ちょっと古いが)ジャイアントロボの頃から使い回されたシナリオで、新鮮味もオリジナリティーもない。



 前作の出来が素晴らしかっただけに、本当に前作と同じ監督の作品なんだろうかと思ってしまうほどがっかりでした。

ドリルは男のロマン 2006-10-26
前作は個人的にはイマイチだったが今作はいい感じ。モスラが非常にしっくり来る役回りでなっとく!人間ドラマもいい感じ。子供向け映画としては文句なし。ラストはアツいぜ!ただ子供じゃなくなった人はどうだろう…。大きなゴジラファンの人にはちょっとゴジラが弱いように感じませんか?戦闘シーンもあらかさまに下手な相撲になっちゃってるとこあるし…特撮の質はゴジラとしてはいい方だと思うが…役回りも脇役チックだし…悪役なら悪役でもっともっとトコトン暴れて欲しいところ。それに立ち向かうモスラや機竜もよりひき立つしね。気になったのはそこぐらい。

ゴジラでファンタジー 2006-10-08
正直言うと昔から小美人の存在が気になっていた。モスラは良いが何だよ小美人って!?今回の長澤まさみは確かに良いけどさぁ…だったらモスラが人類の敵になっちゃう方が面白かったんじゃないかな(理由は小美人が教えてくれるし)? 機龍のメッセージは初代ゴジラと人間が心通わせたファンタジーな瞬間って事かな?


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

「世界の中心で、愛をさけぶ」 朔太郎とアキの記憶の扉 |長澤まさみ

「世界の中心で、愛をさけぶ」 朔太郎とアキの記憶の扉「世界の中心で、愛をさけぶ」 朔太郎とアキの記憶の扉
出演:
レントラックジャパン
発売日 2004-04-21




女優が… 2005-08-21
小説と映画をつなぐ森山未來のナレーションが非常に良い。彼の声色のせいか、非常に切ない感じが出ている。
だが難点は、本編の最後の柴咲コウのふてぶてしさが気になった。キャラなのかもしれないが結構不快。
特典映像の長澤まさみの話があまりにつまらなく、ついでに日本語の知らなさが露呈してしまって(隣の森山未來の話がしっかりしているからかもしれないが)なんだか勿体なく、アキのイメージを壊している気もするが…。

映画と小説の見事な融合! 2005-04-22
高校生のサクとアキが好きな方におすすめです。
特にサク好きな方。
森山未來くんのナレーションがすばらしいです。
こんな陳腐なことばでしか表現できない自分が情けないですが、本当にすばらしいです。
ひとこと、ひとことにサクの感情が表れていて、胸につきささります。
映画とはまた一味違った感動ができます。

愛をさけぶ前に 2004-11-25
この40分間には、大人になった朔太郎(大沢たかお)も
律子(柴咲コウ)もバーのマスター(宮藤官九郎)も出てきません。
40分全てがサク(森山未來)とアキ(長澤まさみ)のお話です。
全編通して高校生のサクのナレーションで構成されています。
たぶん小説に近い世界だと思います。
たぶんと言ったのは、私が小説を読んでいないからです。
小説と比べると色んなエピソードが抜け落ちていると思います。
断片だけで構成されていると言ってもいいかもしれません。
不思議と、違和感はありませんでした。
抜け落ちたエピソードを自分なりに保管しながら見ていたからです。
ラストでは私も完璧に愛をさけんでいました。
この作品は小説と映画の間にある存在だと思います。
もちろん小説も読みたくなりました。
もしかしたら、小説・映画を含めた三作品の内、
一番好きな作品になるかもしれません。

ただひたすら感動 2004-10-25
私は映画を見たあとにこのDVDを購入したのですが、映画を思い出しながら見ていました。
朔とアキの、純粋な姿など、実はこんな感じだった・・・みたいなのが十分あって、映画の余韻に浸っていました。
スペシャルである撮影風景やインタビューもなかなか良かったです。
映画を見ていない人にも十分楽しめる一本だと思います。

外伝というより,映画本編とは別作品です 2004-09-16
テレビ放送が3分の2くらいまで進んだ時に,映画本編を観て,その
翌日にこれを観ました。原作は読んでいません。
編集でこうも変わるものかとびっくりしました。おそらく原作に一番
近いのでしょう。
高校生のサクとアキが好きなので,とても気に入りました。


さらに詳しい情報はコチラ≫



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。