片桐夕子/学生妻 しのび泣き
『体感☆美少女ムービー こばやしまり vol.1』

浜田翔子 画像 掲示板

浜田翔子 画像 掲示板

炎の蜃気楼(ミラージュ) (2) |桑原 水菜 /浜田 翔子

炎の蜃気楼(ミラージュ) (2)
桑原 水菜 /浜田 翔子
白泉社 刊
発売日 2001-06




良く描けてる! 2006-10-14
文庫版既刊全巻持ってます!あの複雑なサイキックの世界がとてもリアルに描けている!と思います。高耶&直江のラブバトルも敵と戦う迫力も最高にカッコいいです!! もう続刊は出ないのかしら…寂しいな。。。


さらに詳しい情報はコチラ≫


浜田翔子 画像 掲示板

炎の蜃気楼(ミラージュ) (1) |桑原 水菜 /浜田 翔子

炎の蜃気楼(ミラージュ) (1)
桑原 水菜 /浜田 翔子
白泉社 刊
発売日 2001-03




女の子が好きな感じの男の友情 2004-10-05
現代の高校生に戦国時代が蘇る・・・という内容ですが、明るいとはいえない過去とか、互いに欠ける部分にひかれあう関係性とか、そこからくる強さなど・・誰もが泣いた珠玉の名作、吉田秋生著『Bana fisa』というマンガを思い出しました。もちろん『Bana・・』とは全く違う内容ですが、この『炎の蜃気楼(ミラージュ)』も、登場するキャラクターが女の子のハートをガッチリ掴みます!!原作は女の子向けの小説だったようですが、この小説にはコアなファンが多く、小説に出てくる日本各地を旅している方が多数いらっしゃるそうです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


浜田翔子 画像 掲示板

炎の蜃気楼(ミラージュ) (3) |桑原 水菜 /浜田 翔子

炎の蜃気楼(ミラージュ) (3)
桑原 水菜 /浜田 翔子
白泉社 刊
発売日 2001-09




原作にはない可愛さもv 2004-11-10
前半は、小説にされていない書き下ろし・CLAWLESS HAWK(コミックス4巻)、
 後半は番外編・凍てついた翼とスペシャルショート・クリスマス編を収録。
 1994年から1997年までの発表作・最初と最後に描かれた物です。
400ページ以上たっぷりと濃い絵を楽しめます(笑)
 表紙もミラの中では恥ずかしくなく(爆)高耶さんカッコ良く描かれています。
 前半は水菜先生の地元・大阪が舞台のアクションたっぷりで格好いいボクサーストーリーです。
下間頼廉・初登場の雑賀孫市が出て来て夜叉衆はピンチが続く上、小説・9巻と10巻の間に中るので、
ブラック景虎様と直江の応酬にはハラハラ・ドキドキさせられ通しです。でもゲストの友情話は泣かされます。
 相変わらず高耶さんは人たらしですし、直江は老けているし(笑)
浜田祥子さんの漫画を通していますが、流石ファンな方だけあって桑原ワールドの魅力を壊されません。
 また、凍てついた翼は、14歳の可愛く、色気も出てきた高耶さんと、意外にカッコイイ三井(失礼)と
まだブラック入る前の譲(苦)と小学生の可愛い美弥ちゃん、
高耶さんの成りたい職業に影響した家裁調査官・人格者(!)葛西さんのお話です。
 不良は怖く、不快感も味わいますが、三井は信長をソフトにした感じでゾクゾクしますよ(笑)
 葛西さんと話す、親子の問題は皆考えさせられると思います。先生の深い洞察力は健在です。
原作同様、痛い話になりますが、最後は譲との掛け合いが楽しく救われます。
 あと、数ぺ−ジしかありませんが、モテル高耶さんとバラとじゃれ合う直高(萌)は必見。
 セリエミステリーで読まれた方も居るでしょうが、完全に時間軸がずれている・恋人未満な直高と
BL好きそうなOLの突っ込み・直江けちょんが少し入っていて楽しませてくれます。
 締めは浜田先生のあとがきです。本当にミラージュを愛されていて、また笑わせて下さいます。
…長々と語ってしまいましたが、買うのを迷ってらっしゃる方にはお勧めです。
全く知らなかった方でも、説明が結構織り込まれていますので愉しめると思いますよ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


浜田翔子 画像 掲示板


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。