片桐夕子/学生妻 しのび泣き
『体感☆美少女ムービー こばやしまり vol.1』

長沢まさみ 画像掲示板壁紙

涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版 |松たか子

涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版涙そうそう 広島・昭和20年8月6日 完全版
出演:
バップ
発売日 2006-08-02




やっぱり最後 2006-10-18
最後の西田敏行さんの訴えかけが全てだとおもいます。そしてエンドロールの映像(この間のTVの再放送は映像が変わってた気が…)に続く真実。核の恐ろしさ戦争の悲惨さを改めて知りました。

戦争とは何かを考えさせられる 2006-08-02
とてもいい作品でした。

日本軍国主義とアメリカとの戦争と日本の韓国併合、困窮する国民、貧しくなる心・・・・

戦争や民族主義というもののもたらす悲劇を改めて痛感しました。

最後の場面、人が一瞬で消えてしまう、こんな悲劇を繰り返してはいけません。

果たして本当に今のアメリカやロシアや中国といった膨張する軍事大国や今の歴史に対する世論の主張するような『正しい戦争』というのが存在しえるのか、私は少なくともそんなものは無いと信じたいです。

戦争は、人が死に、苦しむだけの悲劇の連鎖しか生みません。

そして、二度と核の禍々しい炎が人々の命が焼き尽くされる事が無いよう願います。

悲劇を繰り返さないために 2006-07-31
TVで放送されたときには涙が溢れて止まりませんでした。

戦争が終わって60年が過ぎ

悲惨な記憶がこの国から消えようとしています。

そんな今だからこそ老若男女を問わず

すべての日本人に是非とも見て頂きたい。

戦争という悪夢を繰り返さないためにも、

あのような出来事がドラマではなく

実際に数多く存在したということを

我々は忘れてはならないと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

タッチ スペシャル・エディション |あだち充

タッチ スペシャル・エディションタッチ スペシャル・エディション
出演:
東宝
発売日 2006-03-24


あだち充の、あまりに有名なコミックを実写化。実際に双子で、野球経験もある斉藤兄弟が、達也と和也を、2人の幼なじみの南役を長澤まさみが演じる。明星学園の野球部は、1年生エース、和也の活躍で、地方大会を勝ち進む。しかし、あと1勝で甲子園という決勝の朝、和也は交通事故で亡くなり、彼の意志を継ごうとする達也が野球部に入部。ストーリーの基本は、原作どおりだ。
達也と和也、南の微妙な三角関係は、高校生にしては純情過ぎるキライもあるが、そのピュアさが本作の魅力でもある。俳優たちの演技も、まっすぐで好感。とくに長澤まさみは、同年代の女優のなかでは格段の演技力で、原作ファンが抱く“南”のイメージを裏切らない。何気ない表情が、じつに自然なのだ。アニメ版の有名な主題歌が「ここぞ」という場面で流れ、クライマックスで達也と和也の姿が重なる映像で感動は最高点に達するはず。犬童一心監督による映像はリリカルで、要所に突きぬけるような青い空が挿入され、とことんさわやかな仕上がりになっている。(斉藤博昭)

青春♪ 2006-11-04
漫画のタッチを期待してはダメです!!長澤まさみさんが南ちゃん役に適役しているのと、撮影風景を収録したおまけのDVDもついていて、値段もお手頃だと思います。あの名作を期待せず、タッチという一つの映画として見てください。漫画にはない心のスレ違いなどが良いです!!

やっぱり無理がある 2006-09-19
やっぱり、タッチの良さをこの時間内で表すのは不可能でしょう。

個人的には、実写化するなら、2クール以上はかけてドラマで観てみたいです。



各キャラのイメージは結構よかったと思うのですが、

難を言うなら、「南ならどんなことがあっても最初から最後まで達也を球場で見守るぞ!」と思いました。



原作を知らない方なら、それなりに楽しめると思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

タッチ スタンダード・エディション |あだち充

タッチ スタンダード・エディションタッチ スタンダード・エディション
出演:
東宝
発売日 2006-03-24


あだち充の、あまりに有名なコミックを実写化。実際に双子で、野球経験もある斉藤兄弟が、達也と和也を、2人の幼なじみの南役を長澤まさみが演じる。明星学園の野球部は、1年生エース、和也の活躍で、地方大会を勝ち進む。しかし、あと1勝で甲子園という決勝の朝、和也は交通事故で亡くなり、彼の意志を継ごうとする達也が野球部に入部。ストーリーの基本は、原作どおりだ。
達也と和也、南の微妙な三角関係は、高校生にしては純情過ぎるキライもあるが、そのピュアさが本作の魅力でもある。俳優たちの演技も、まっすぐで好感。とくに長澤まさみは、同年代の女優のなかでは格段の演技力で、原作ファンが抱く“南”のイメージを裏切らない。何気ない表情が、じつに自然なのだ。アニメ版の有名な主題歌が「ここぞ」という場面で流れ、クライマックスで達也と和也の姿が重なる映像で感動は最高点に達するはず。犬童一心監督による映像はリリカルで、要所に突きぬけるような青い空が挿入され、とことんさわやかな仕上がりになっている。(斉藤博昭)


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙

ドラゴン桜 DVD-BOX |三田紀房

ドラゴン桜 DVD-BOXドラゴン桜 DVD-BOX
出演:
メディアファクトリー
発売日 2005-12-22


徹底したリアリストぶりを貫く三流弁護士から伝授された独自のテクニックによって、偏差値36の落ちこぼれ高校の生徒たちが東大合格を目指す様を描いた異色の学園ドラマ。弁護士の桜木(阿部寛)は倒産処理の任命を受けて、経営難に陥った私立龍山高等学校にやって来る。元暴走族という過去をマスコミに暴露されたために仕事が激減していた桜木は、ここで経営状態を回復させればいっそう自らの汚名返上にかなうと思いつき、創立以来一人も出ていない東大合格者を輩出することによって、学校を進学校に生まれ返らせる再建案をぶち上げる。英語教師の井野(長谷川京子)らの反発をよそに編成された特進クラスには、父親の借金のためにバイトをしている矢島勇介(山下智久)や、地味で目立たない水野直美(長澤まさみ)ら5人が集められた。ここに東大合格を目指しての勉強の日々がはじまる。
型破りながらも的を射た受験テクニック、その勉強法の数々は目から鱗の面白さ。そのいずれも受験のみならず、社会を生き抜く上での処世術としても大いに参考になるあたりが、このドラマに普遍的な興味を加味させているところである。世の中に越えられない壁はないと桜木に言い切られてしまうと、奇妙なほどに勇気が沸いてきて、何だって出来る気がしてくるから不思議だ。(麻生結一)

受験ドラマの傑作!目標設定が大切だ 2006-09-20
原作をうまくまとめてテンポのいいドラマに!秦建日子の脚本はさすがです。阿部寛の桜木先生ははまり役です。ハセキョーもいい感じ。山下、長沢など生徒の演技もいいし、手に汗握って応援してしまう。



東大受験で、何をすれば可能性が高まるか・・・最初に目標設定ありき!なのです。目標を立てなければ何も始まらない。そして、目標を立てたら、どう可能性を高めていくか。どこだったら、どうやったら、そして、言葉の持つ力。当たり前と言われてしまえば、当たり前なのだが、主人公 阿部寛の言葉には力がある。その気になっちゃうものね。人生においても同じです。



ダメダメの生徒たちが可能性を高めていくのは見ていてすがすがしい。文句なしに見ていて元気になる面白いドラマです。買って損はしませんよ。

社会人ですが、勇気づけられました! 2006-08-05
最初は他人事のように考えていたのですが、このドラマを見ているうちに、とても勉強したくなりました。というよりは、もう一度何かにチャレンジしたくなったのです。



そこで、過去に買ってまったく使っていなかった英検1級の問題集や単語集などをひっぱり出し、勉強を始めました。阿部寛さん演ずる桜木弁護士の「お前ら、自分の可能性を否定するなよ!」ということばに何度励まされたかわかりません。



以前は、「どうせ受からないだろう」という前提で努力もせずに試験を受けて落ちる、という悪循環にはまっていました。まさに、自分で限界を作っていたいい例だったと思います。



最初は「いつまで続くだろう」という半信半疑の気持ちで始めましたが、生徒役の皆さんの一生懸命な姿を見て、「自分も頑張ろう」と思うことができました。そして、幸運にも合格することができたのです!



私のように、無意識のうちに「バカハチマキ」を巻いていた(巻かれていた)人は少なくないと思います。でも、このドラマと原作は、そんな人たちに大きな希望を与えてくれました!



受験生の方だけでなく、自分の夢や希望を失いかけている大人の方にもぜひ見ていただきたいと思います。

いつも見ても何度見ても元気になること請け合いです。 2006-05-26
いつも見ても何度見ても元気になること請け合いです。

ひとつのことにがむしゃらに向って行く姿は、素晴しいです。

時につまずきながら、そんななか、目的をひとつにする仲間がいると

大きな力になります。



長澤ますみ、サエコ、長谷川京子さんたちもみんな個性があって素敵です。

一番は、やはり阿部寛さん・・・特訓の先生たちも・・・



本当に楽しめます。今、一番繰り返し見ているドラマです。



気持ちが疲れたときにぜひ見てください。



ドラゴン桜は、あなどるなかれ戦慄と衝撃の内容 2006-04-02
弁護士といえば、相続とか離婚とか訴訟とかのイメージ

がありますが、

先日NHKで、おちこぼれ弁護士が、ヤミ金融の取立に

困っている人を自己破産させる仕事の先駆けとなった

話を見ました。1案件で弁護士が手にする報酬は

微々たるものですが、多くの案件を担うことで

1000万以上の年収が得られるといいます。

自己破産申請をした人にヤクザが取立を

した場合、法律に触れることになるので、ヤクザも

弁護士は、避けて通るといいます。

元暴走族にして落ちこぼれ弁護士桜木建二(阿部寛)は、

同業者に紹介してもらった学校の破産管財人の仕事で世間

に認められる方法を思いつきます。それは、

私立龍山高等学校を、このまま破産させず、毎年100人以上

の東大合格者を出す日本一のエリート校にすると言うのです。

まず、特別進学クラスを作って東大に5人の現役合格者を

出す方針を立てます。

本をあまり読まない息子は、このドラマを通して

受験のテクニックを学んでくれればいいのだが...

ドラゴン桜のマンガには漢字に振り仮名がありません。

息子のマンガを読むスピードは、結構早く

私より早く読み終わって、続きを買ってくれと言います。

ドラゴン桜は、あなどるなかれ戦慄と衝撃の内容

です。

熱い! 2006-02-03
見たら、そのまま家を飛び出して走り出したくなるようなドラマです。スクールウォーズ以来熱いものを感じました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


長沢まさみ 画像掲示板壁紙


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。